誕生日のプレゼントにチューリップをもらいました

私が日本にいる時に、一度だけあったことがある男性から、一目惚れをされて、ニューヨークの大学に通うようになっても、しつこく電話がかかってきたり、手紙が届いたりしていました。

その男性が共通の友達から、私の好きな花を聞き出したらしく、4月の私の誕生日に、日本からチューリップの花束を贈ってきてくれました。

私はチューリップの中でも、茎の長いチューリップが大好きで、それを聞きつけた彼がそれに見合ったチューリップの花束を注文して、私のところに届くようにしてくれていたのでした。

私はその彼のことは全く興味がありませんでしたので、その旨、伝えていたのですが、何度断っても、半ばストーカーみたいに、しつこく言いよってくるのが困ったものでした。

でも、花束は嬉しく受け取りました。
受け取った花を抱えた写真を撮りました。

そして、茎の長いチューリップが大好きな私は、カメラを取り出して、作品を作ろうと思って撮影をしました。
モノクロームのそのチューリップの作品は見事な一枚になりました。
彼のことは最後まで好きになれませんでしたけれども、花束はとても気に入りました。

チューリップは真っ赤で、とってもきれいでした。
一抱えのチューリップは私の部屋できれいに咲いていました。