春の素敵な贈り物

 今年の冬は例年にも増して寒さが厳しいそうです。9月までは夏のような暑さが続いていたと思えば、すぐに秋鮭や秋刀魚が売り出されていて、11月から一気に寒くなりました。気づいたら今年も師走、残すところあと僅かです。秋があっと言う間に過ぎ去り、冬が駆け足でやってきたような気がします。

 この厳しい冬を越せば、新しい季節がやってきます。春は花や植物たちが一斉に芽吹く瞬間です。人間の世界でも、卒園・卒業式から入園・入学式へ向けて新しい一歩を踏み出す瞬間が始まります。

この時期の花と言えば、桜が思いつきますが、他にはどんな花が咲くのでしょう。房アカシアに鈴蘭水仙、白もくれん、雪柳、桃、たんぽぽ、チューリップなど数えきれない花たちが咲きみだれます。種類も色彩も実に色とりどりの花がいっそう多くなるような気がします。春は花たちが新しい年をお祝いしてくれるかのようにも感じます。

 そんな春の贈り物として、お子さんやお孫さんの入園・入学祝いと共にお花を贈ってみてはいかがでしょうか。子供は花に興味が無いと思われがちですが、花を育てることで思いやりの心が養われます。雑草を抜いたり、水をあげたりしていくうちに最初は「まだかな、お花」だけだったのが、だんだんと大切に育ててくれるようになります。また家族と一緒に土いじりをするので自然に会話も増えていくでしょう。来年の春はお祝いの贈り物に花をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。