新しいプレゼントの形「プリザーブドフラワー」

プレゼントでお花を贈ったことはありますか?私は贈ったことはありませんが、貰ったことはあります。普段と違う特別感があって、ちょっと照れくさいですよね。

お花のプレゼントといえば、華やかで素敵なイメージがあります。その反面、すぐに枯れてしまったり、お手入れが大変というマイナスのイメージもあります。貰ったままの状態にしておけないことを負担に感じる方もいるのではないでしょうか。

「それでもお花を贈りたい!」という方には、プリザーブドフラワーをオススメします。プリザーブドフラワーとは、一番美しく咲いた状態のお花を専用の薬品で加工して、長期間保存できるようにしたものです。

生花と比べても見劣りしないので、最近ではブライダルやインテリアに使われています。毎日水を与える必要もなく、枯れることもない…今までの生花のマイナスイメージを払拭した素敵なアイテムです。最近は以前に比べてあまりお花を贈る習慣がなくなってきたように感じます。プレゼントも多様化し、他のものが選ばれることも多くなったことも原因の一つでしょう。

お花は誕生日に、記念日に、母の日に…様々なシーンに対応できるプレゼントだと思います。ネックだった点が解消された今こそ、プレゼントにプリザーブドフラワーを選んではいかがでしょうか。