目上の方のお祝いには、間違いのない、胡蝶蘭

胡蝶蘭ほど、日常に遠くて近い花も珍しいですね。どういう意味かと言いますと、おそらく目にしたことは、大抵の人があると思うのですが、趣味の園芸で、育てている人に会ったことが、ある人は少数だと思います。

つまり、食事で言えば、完全なる外食ですね。外食と言っても、ランチや居酒屋系の、親しみのある場所ではなく、やや緊張感を強いられるディナーでしょうか。つまり、そういうシーンに登場する花とも言えるのです。

格式が高いということは、目上の人に対して、失礼にはならないという意味にも取れますね。つまり、目上の人のお祝い、還暦祝いから引っ越し祝い、昇進、当選、と言ったことに幅広く活用できるのです。プレゼントとしてお送りして、まず間違いのないものと言えるでしょう。

しかし、目上の人を御祝する機会も、そんなには多くありません。つまり胡蝶蘭の選び方というのは、日常にはあまりありません。これは、プロに聞くに限ります。胡蝶蘭というと、白くすっとした花を思い浮かべますが、ピンクもありますし、格式に応じた本数もありますが、本数が多くなると、お値段も張ることになります。また上司へのお祝いの場合、他の人を出し抜いて、一人立派な物を送るというのも、これはこれで、失礼ですね。

そのあたりの事情を、しっかり調べて、花屋、もしくは花屋のネット通販もありますので、まず質問を送ってみるのも良いでしょう。

せっかくの格式高いお祝い、およびそれなりの出費ですので、抜かりのないよう、ふさわしいお花を選びましょう。